NTRP 全米テニス協会評価プログラム

  NTRPとは、テニスのレベルを判定しわかりやすく表現する手法で、

  日本でもレベル分けに利用されています。

 

1.0 テニスを始めたばかり。
1.5 経験が浅く、まだボールをつなぐ練習をしている状態。
2.0 ゲームの経験が必要。ストロークに明らかに問題があるが、シングルスやダブルスの基本的なポジションには慣れている。
2.5 ボールがどこに飛んでくるか予測する事を覚え始めるが、コートの守備範囲はまだ狭い。同レベルの相手とゆっくり短いラリーが出来る。
3.0 中程度の速さのショットはそこそこ安定しているが、全てのストロークを確実には打てず、方向・深さ・強さのコントロールに欠ける。
3.5 中程度のショットであれば方向のコントロールに安定性があるが、ショットの種類や深さはまだ足りない。積極的にネットに出るなど、コートカバーが広くなり、ダブルスのチームワークが向上しつつある。
4.0 ストロークに安定性があり、殆どの中程度のショットにおいてフォア・バック共に方向と深さのコントロールが出来る。ロブ・オーバーヘッドスマッシュ・アプローチ&ボレーが可能で時々成功する。時にはリターンミスさせるサーブを打つ事が出来る。ダブルスのチームワークは十分である。
4.5 パワーとスピンの使い分けをマスターしはじめている。ペースを調節する事が出来軽快なフットワークを持つ。ショットの深さをコントロール出来る。相手に合わせゲームプランを変化させる事を覚えはじめている。正確でパワーのあるファーストサーブと、確実なセカンドサーブを打てる。難しいショットは強打しがち。ダブルスでは積極的にネットに出られる。
5.0  ボールの行方を正確に予測出来る。優れたショットを持ち、それを中心にゲームを組み立てる事が出来る。短いショットでポイントを取ったりエラーを誘う事を定期的に出来る。ボレーを返し、ロブ・ドロップショット・ハーフボレー・オーバーヘッドスマッシュを決める事が出来る。深くスピンの効いたセカンドサーブを打つ事が出来る。
5.5 パワーや粘り強さを主な武器としている。競り合いながら作戦を変え、苦しい状況でも信頼性の高いショットを打てる。

 

 

VOTAカップ【小学生】

ランキング情報 

 2016年 1位  藤谷 孟司

           (きさらづアウルTC)

 2017年 1位  大沢 陸斗

           (ファーイースト)

 2019年 1位  長沼 悠貴 

           (VOTA)

 

           

         

    

※同位は五十音順

 

VOTAカップ【中学生】

ランキング情報 

2019年 1位  瀬川 幸佑 

         (フミヤエース市川TA)

 

 

 

    

※同位は五十音順

 

シングルスジュニアマッチ

ランキング情報 

2018年 1位 篠原 源希

(VOTA)

          

 

 

※同位は五十音順